下山後の温泉

大分県在住、登山が趣味の温泉ソムリエが、「おんせん県おおいた」の立ち寄り湯を巡ります。

【別府市】別府温泉 駅前高等温泉~深夜まで利用可能!レトロな温泉館

別府市の共同風呂「駅前高等温泉」は深夜0時まで営業しています。

 当日はTHE ALFEEアルフィー)の秋ツアーがあり、私は北九州まで行っていました。以前ブログでも書いたことがあるような気がしますが、私は長年アルフィーのファンをやっています。注:前半はアルフィー熱について語っていますので、興味のない方はスキップしてください。

 

 THE ALFEE 2017年秋ツアー

  私がファンになったのは中学生の頃で、初めてライブに行ったのは高校1年の2002秋でした。そのライブ以降年に2回は最低必ずライブに通っています。私が大学、社会人、転勤、大分に帰省、結婚と、私の状況が変わってもしてもアルフィーは年に2回のツアーで全国どこにでも現れて、いつもと変わらない非日常の素敵な夜を届けてくれるのでした。解散の心配もなく長年応援できるというのは、ファンにとっては本当に有り難いと感じています。

f:id:Kazdorado:20171205200318j:plain

 今回の会場は「アルモニーサンク北九州ソレイユホール」で、旧九州厚生年金会館だった会館です。2005年に私は一度訪れています。その時は前から4列目の端っこで拳を振っていました。当時は弟も一緒でしたが、小学校低学年だった私の弟はなかなかリズムに乗ることができなくて、それを見たタカミーが、その会場で弟にだけ握手をしてくれました。それが特に印象に残っています。

f:id:Kazdorado:20171206171644j:image

今年も熱い夜になりました。ライブの内容は相変わらず「凄い!」の一言です。還暦を過ぎた方々がステージの上で暴れまわり、馬鹿をやって笑わせたり、ギターで魅せたり、沢山の楽しみが詰まった素敵なライブでした。

 そして今月の20日には最新のシングルが発売されます。今回のメインボーカルは坂崎さんです。アルフィーは3人がメインで歌えて、3人がコーラスを行うことができます。それもアルフィーの面白いところ。12月20日の発売が待ち遠しく感じているところです。

f:id:Kazdorado:20171205200609j:plain

 駅前高等温泉

ライブが終わると次の日は仕事の為、私はすぐに大分へ帰ります。北九州の小倉東ICを入り、約1時間で別府ICに到着しました。もともと登山の関係で夜移動を好んで行う私にとって、夜の高速は苦にはなりません。むしろ夜は自動車が少ない為、大変運転がしやすいです。 

会館から小倉東ICに入る前に食事をしたかったのですが、目ぼしい店に会えなかった為、別府にあるラーメン屋「暖暮」にてガッツリ夕食を食べました。夕食を終えた時間は22時30分過ぎ。温泉の選択肢は23時以降も入浴できる温泉に限られます。当初浜脇エリアにて検討していましたが、駅前高等温泉の泉質が変わったという話と、温泉道高段位優待券の対象施設だったことを思い出し、別府駅へ向かいました。ツアーグッズを大量に買い、暖暮で欲望のままに大量に食べた為、例え100円でも節約しようという気持ちも少しありました。

f:id:Kazdorado:20171205195500j:plain

 日中は大変賑わっている駅前も、夜は閑散としています。しかしアメニティが入った籠を片手に部屋着で歩く方を結構な頻度で見かけるのが、別府という都市の面白いところです。

f:id:Kazdorado:20171205195558j:plain

駅前高等温泉は「あつ湯」と「ぬる湯」で部屋が分かれていますが、今回も「ぬる湯」を選択しました。あつ湯も修行の末入浴できるようにはなりましたが、好んでは入浴しません。ロッカーに服を詰め込み、浴室へ下ります。結構急勾配なので注意が必要です。十分にかけ湯を行い入浴すると、温泉は適温♪

f:id:Kazdorado:20171205195701j:plain

 ライブとラーメン汗を流しましたので、身体を洗いサッパリします。温泉の肌触りが良いですね。「ナトリウム-炭酸水素塩泉」という重曹が肌をツルツルにし、次の日まで残ります。メタケイ酸も豊富に含まれています。

f:id:Kazdorado:20171205195840j:plain

 溶存物質量(ガス成分を除く)の量は、以前は0.904gが1.029gと変化したことにより泉質も変化したようですね。1.0gが単純温泉と〇〇塩泉の境になりますので、地下の微々たる変化・計測する時の温泉の状況でも泉質が変わってしまうのでしょう。温泉も生きています。面白いですね。 

f:id:Kazdorado:20171205195951j:plain

実は脱衣室の下に該当する部分にも浴槽が隠れています。こちらはさらにぬるめの温泉になっていますので、超長風呂を行う方には良いかもしれません。

入浴後は、心も身体もリフレッシュし、家へ帰るのでした。

 

▽概要は過去記事参照 

kazdorado.hatenadiary.com

▽泉質はこちら

kazdorado.hatenadiary.com

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

2017.11入浴