下山後の温泉

大分県在住、登山が趣味の温泉ソムリエが、「おんせん県おおいた」の立ち寄り湯を巡ります。

塩化物泉~肌をコーティング!保湿効果の「温まりの湯」

ご紹介した温泉の補足になるように、泉質について記載します。

 

塩化物泉

 

塩化物泉はひと昔前は全ての泉質の中で一番多かった温泉です。(発掘技術の向上により単純温泉が一番多くなりました)

イメージは「海水を薄くしたもの」という感じです。塩っ気があり無色透明です。よって沿岸地域に多いとのこと。

塩化物泉は肌をコーティングする効果のある温泉です。入浴すると肌に塩が付着し、汗の蒸発を防ぎます。保湿剤の役割がある為、美人の湯に浸かったあとの仕上げにも適しています。

海水浴であれば肌がベタつき不快になりますが、塩化物泉は不快にはなりません。心地良い温かみがずっと続きます。

 

 上記より「温まりの湯」「保湿効果の湯」「コーティングの湯」と覚えるとわかりやすいです。塩っ気が殺菌効果により切り傷にも効く為「傷の湯」とも言えます。

 

泉質別適応症

切り傷、末梢循環障害、冷え性、うつ症状、皮膚乾燥症

 

飲用の泉質別適応症

萎縮性胃炎、便秘

 

 

塩化物泉に入浴された際は、肌に残る湯の「後味」を味わってみてください。 

f:id:Kazdorado:20160928021012j:plain