読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

下山後の温泉

大分県在住、登山が趣味の温泉ソムリエが、「おんせん県おおいた」の立ち寄り湯を巡ります。

【別府市】山地獄〜カバ「昭平くん」との出会い

別府市内には地獄と呼ばれる観光地があります。90度を越える特徴ある熱泉が湧き出し、それを間近で感じることのできる熱い観光地です。今回はその中のひとつ「山地獄」に行ってきました。温泉の熱を利用して、動物を飼育しているミニ動物園です。

山地獄

山のいたるところから噴気が上がっている為山地獄と呼ばれています。

入場ゲートは改装中の為、脇から入場しました。

f:id:Kazdorado:20161119100805j:image

入場料は大人400円。温室の通路をくぐると広場に出ます。

f:id:Kazdorado:20161119100902j:image

まず一番始めに目に入った動物はフラミンゴです。早速柵まで向かいますが、フラミンゴまでの距離がとにかく近いです。直接エサを与えることもできます。

f:id:Kazdorado:20161121115738j:image

 f:id:Kazdorado:20161120161034j:image

ウサギ、カピバラ、ポニー、クジャクニホンザルなども飼育されており、こちらも一部の動物には直接エサを与えることができます。

f:id:Kazdorado:20161120161240j:image

f:id:Kazdorado:20161120161306j:image

そして一番の見どころはカバの昭平くんです!柵の下を覗き込むと、すぐ真下で大きな口を開けてエサのニンジンを待っています。

f:id:Kazdorado:20161119100921j:image

迫力が凄いです。とにかく大きい!そして可愛い笑 飼育員の呼びかけにゆっくり動き、懐いている様子が観れました。温泉の熱を利用して一年中外で飼育されているようです。

 

動物と触れ合える為、小さなお子様がいる家庭には凄く喜ばれる名所です。うちの娘は特にフラミンゴがお気に入りで、なんどもフラミンゴの柵まで通っていました。カバの大きさには少しビックリしていましたが、エサをあげることができたと大喜びしていました。

ここも地獄ですから、熱い温泉が湧きだしている場所があります。迫力があり、見どころの一部ですがもちろん触るとやけどします。その場所にさえ注意していれば、小さなお子様がいても大丈夫です。

f:id:Kazdorado:20161121114925j:image