読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

下山後の温泉

大分県在住、登山が趣味の温泉ソムリエが、「おんせん県おおいた」の立ち寄り湯を巡ります。

【別府市】別府温泉 ゆわいの宿 竹乃井〜充実した子どもスペースと後味残る良質な温泉

別府市の中心部、別府タワーの真横に赤をアクセントとした外装が一際目立つ建物があります。青空が眩しいとある日曜日、こちらの湯を利用しました。

ゆわいの宿 竹之井

f:id:Kazdorado:20170221145200j:image

駐車場は道路の向かい側と前面道路を海に向かった突き当りに用意されています。今回は娘の体調が良くなったので久々に家族3人でお出かけしました。よって選択するお風呂は貸切風呂です。

f:id:Kazdorado:20170221145231j:image

立ち寄り湯利用可能時間は14時からとなっています。20分程早く到着してしまい余裕があったので、予め予約を行い車内でくつろいでいました。娘もドライブ中にお昼寝してしまったので丁度良かったです。

f:id:Kazdorado:20170221145244j:image

14時になりフロントへ向かいました。ホールの内装はフロント奥の壁も赤をアクセントとして用いており、少し豪華で広いバーに入った気分になります。玄関の右横の日当たりの良い部分には子どもの遊びスペース、フロント横には託児所らしきスペースまであります。公式HPでは赤ちゃんの湯浴み用浴槽の貸し出しも行っているようです。小さな子どもがいる家庭には本当に嬉しい配慮だと感じました。実際に私が利用した日もハイハイがやっとできるような子どもを連れた家族がいましたので、やはり子連れ客に人気があるようですね。

 

事前に予約を行なっていた為、浴室の入室までがとてもスムーズでした。貸切風呂の浴室は2種類あり、ジェットバス付か桧(ヒノキ)かを選ぶことができます。私たちは桧の浴室を選択しました。

案内されて浴室に入り驚きます。前後左右の全面に桧が張られています。浴槽内は黒いタイル、浴室の床は黒の石です。ヒノキの黒みとタイルと石の黒、出入口も黒の引戸を使っており、見事に一体感を出していました。そして桧の香りが素晴らしい!一部分の使用ではなく、ここまで桧を使うと見た目も香りも圧巻ですね。窓はありませんが、その分換気設備が頑張って換気を行なっていました。

f:id:Kazdorado:20170221193509j:image

さて入浴です。下調べによるとこちらの湯は別府では珍しく、色のついたモール泉の湯が楽しめるそうです。しかし貸切風呂の浴槽の底が真っ黒だった為私には色の識別はできませんでしたが、炭酸水素塩泉メタケイ酸モール泉・そしてpH値8.4の弱アルカリ性の組み合わさったスベスベ感は凄く心地良かったです。室内に充満している桧の香りにはモール泉の香りも含まれているのかもしれません。また塩化物泉の保温保湿効果もあり、湯上り後は身体のホカホカが夜まで続いていました。九州温泉道の指定施設だけあり素晴らしい泉質の湯です。

f:id:Kazdorado:20170221193556j:image

写真を眺めていると真っ黒の湯に見えてきます。

f:id:Kazdorado:20170221193614j:image

アメニティは馬油、脱衣室には赤ちゃん用のベッド兼格子、ドライヤーや化粧水までありました。入浴後に化粧水を使うと美肌効果はさらに進化します。

f:id:Kazdorado:20170221193834j:image

f:id:Kazdorado:20170221193847j:image

子どもスペース、託児所設備、浴室でのベビーグッズ無料貸出などの子どもがいる家庭を見据えた配慮は、私も嬉しく感じました。私の娘はもうその時期を過ぎましたが、赤ちゃんだった頃は外出が大変だった思い出があります。もし「赤ちゃん連れの旅行はどこの宿を利用したら良いかな?」と聞かれた場合、私は間違いなく竹乃井さんの名前が挙がると思います。スタッフさんの応対も丁寧で、立ち寄り湯だけでも何度でも利用したい施設です。

炭酸水素塩泉や塩化物泉は刺激はそれほど強くないので小さな子が入浴しても大丈夫だと思います。不安な方は子ども用浴槽内で加水を行い成分を薄めて入浴させても良いですね。

斬新なデザインも私好みです。各地域には景観条例などがありますので、この様なデザインは日常ではなかなか会うことができません。少し奇抜(と言ってもスタイリッシュで計算されたかの様なお洒落な外観・内装です)なデザインの宿に入ることで、非日常が感じられ、ちょっとしたドキドキ感がありました。

 

概要

施設:ゆわいの宿 竹乃井

住所:大分県別府市北浜3-10-26別府タワー

泉質:ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉

pH値:8.4

立ち寄り湯利用可能時間:14時〜20時

料金:大人500円/貸切風呂2160円 45分

宿泊者の利用もある為、貸切風呂は事前に連絡を行なった方が確実です。

 

▼泉質はこちら

kazdorado.hatenadiary.com 

kazdorado.hatenadiary.com

 

 

▼公式HPはこちら

www.takenoi.jp

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

2017.02入浴