下山後の温泉

大分県在住、登山が趣味の温泉ソムリエが、「おんせん県おおいた」の立ち寄り湯を巡ります。

【別府市】別府温泉 大和温泉〜路地裏の隠れ温泉を探して

とある晴れた日曜日、別府温泉エリアの共同風呂「大和温泉」を利用しました。こちらは駐車場がない為、どう利用すべきか悩んでいた温泉でしたが、付近の「野口ふれあいセンター(旧野口小学校)」にて用事がありましたので、その延長で自動車を止めさせてもらいました。

最近私は仕事上の資格取得の為、「野口ふれあいセンター」の自習室を頻繁に利用しています。私にとって大変利用しやすい施設です。大分市と比べて人が少なく、勉強もはかどります。利用時間は9:00~21:45まで、土日祝も開いています。当日は9時から16時30分まで利用させてもらいました。また別府の施設を使うことに意味があります。勉強を始める前に朝風呂、帰宅前にざぶんとリフレッシュ!忙しい中、仕事を行いながらの勉強はとにかく酷です。心と身体の健康を保つ為に、今の私は別府に通っています。施設と温泉の恵みに深く感謝しています。温泉に定期的に入り続けることは、病気の予防にも繋がります。

ちなみに自分の書きたいことをただ書いているこちらのブログも、ストレス発散に繋がっていると思います。仕事も忙しく書く時間が限られていますので、更新頻度が遅いことは仕方がありませんが、、、。 

f:id:Kazdorado:20170706184733j:plain

さて、大分市に戻る前に「大和温泉」へ向かいます。「野口ふれあいセンター」から徒歩3分程で目的地らしきところに到着しましたが、温泉らしき建物が見当たりません。温泉が見つからない場合は公民館を探します。すると道路に面していないような区画の中央部分に公民館を見つけました。歩行者専用通路の通路を進むと公民館を発見、その横に温泉がありました。まるで宝探しの様です。(接道部分はこの小道のみってことは無いと思いますので、おそらく私が確認できなかった可能性もあります)

受付は公民館部分の窓口にあります。こちらで100円を支払い、温泉棟の中に入り、階段を下りると、高い天井と丸くて美しい浴槽が出迎えてくれます。別府市内の共同浴場は地面を掘り下げて作られており、その分天井が高くなります。その開放的な室内で、ポツンと中央にある円形の浴槽が可愛らしく感じられます。

f:id:Kazdorado:20170706184904j:plain

十分にかけ湯を行い入浴します。湯はクセがなく肌に優しい単純温泉、pH値が高めの弱アルカリ性で、お肌がツルツルになります。別府ではもれなく付いてくるメタケイ酸も、肌で実感でき、まろやかな感じが伝わってきます。程よい熱さで、別府クオリティに慣れている方であれば、難なく入浴できる温度です。少し熱めの温泉が浴槽の下の方から流れ込んできていましたが、我慢できる程度です。泉温も59.3℃と記載がありましたので、源泉かけ流しで間違いないでしょう。

f:id:Kazdorado:20170706185249j:plain

あぁ、居心地の良い温泉です。終始独泉状態で楽しめました。満足!

 

概要

施設名:大和温泉

住所:大分県別府市野口元町9-15

泉質:単純温泉

pH値:8.0

メタケイ酸:163.7mg

f:id:Kazdorado:20170706185924j:plain

▽泉質はコチラ

kazdorado.hatenadiary.com

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

2017.07入浴

 

7月5日の昼から、大分市も激しい雨が降りました。私の住んでいる地域は大丈夫でしたが、同じ大分市でも避難勧告が出ている地域があり、他人事には感じませんでした。昨年の地震を思い出すような警報音が、全員のスマホから鳴り響き、ゾッとしました。大分県日田市、中津市、福岡県朝倉市などは私も良く知っている地域です。被害の映像を見て本当に胸が痛かった…。これ以上被害が広がらないこと、早い復旧を願うばかりです。