下山後の温泉

大分県在住、登山が趣味の温泉ソムリエが、「おんせん県おおいた」の立ち寄り湯を巡ります。

【別府市】堀田温泉 夢幻の里 春夏秋冬~ロケーションと硫黄泉に心奪われて

2017年8月14日、別府市堀田温泉の名湯「夢幻の里 春夏秋冬」の貸切風呂を利用しました。こちらの温泉の特徴は「硫黄泉」と「大自然のロケーション」です。貸切風呂の料金も2500円からと高めの設定ですが、多くの方が間違いなく満足する温泉施設だと思います。私のとっておき温泉のひとつです。

さて、当日はお盆休みの真っただ中。人が多いだろうな~と予想していましたが、私たちが別府市に向かっていると雨が降り出して、夢幻の里に到着する頃には、傘が必要な位降っていました。その影響でしょうか、利用者は誰もおらず、3室ある貸切風呂はどれでも選べる状態でした。

まずは玄関を入りフロントで受付です。フロント奥の壁面には、温泉ソムリエ家元の遠間先生、温泉ソムリエ師範のトム先生、温泉チャンピオンの郡司先生などのサインが飾られています。フィギアスケーターでみんなの羽生結弦選手も入湯している温泉施設です。オーナー様も温泉ソムリエです。f:id:Kazdorado:20170823154339j:plain

大浴場もありますが、私がお勧めしたいのは貸切風呂です。部屋は3室あり、それぞれ2,500円、2,800円、3,000円と料金が異なります。私が利用したことのある室は2,500円の室のみです。やはり大分県内で貸切風呂に2,500円も支払うのは少し勇気が必要で「今日は入浴するぞ!」と意気込んで行くも、つい一番金額が低いものを選んでしまいます。しかし金額が一番低いと言っても、中の仕様には驚かされます。そして十分満足してしまうので、ここで良いといつも感じています。

ちなみに一番高額な浴室には小規模ながら立派な滝が付いています。マイナスイオンも出てるのかな?この豪華な浴室が一番人気です。

f:id:Kazdorado:20170823154615j:plain

一旦外に出て、敷地内を歩いて浴室へ向かいます。

f:id:Kazdorado:20170823154148j:plain

さて、今回私が入浴した浴室について説明いたします。浴槽は2つあり、片方には打たせ湯が付いているのです。すぐ目の前には川が流れています。両方とも浴槽覆う様に屋根がありますので、雨が降っても問題ありません。広い浴槽の温泉の方が白が濃い様に感じました。

f:id:Kazdorado:20170823153839j:plain

硫黄泉の場合、温泉の色は鮮度(酸化具合)を示す場合があります。空気に触れるとその分白くなります。浴槽が広い影響か、または温泉が浴槽に送り込まれる際に空気に触れていた影響かもしれませんね。どちらにしてもこの様に白い温泉を目の当たりにするとテンションがグッと上がります。

f:id:Kazdorado:20170823153952j:plain

十分にかけ湯を行い、いざ入浴。ゆっくり肩まで沈みます。そして顔を湯に近づけて深呼吸。ん~この硫黄の香り!堪りません!!身体が温まれば湯から上がり、自然の風で身体を冷やします。そしてまた入浴、休憩を挟みながら存分に楽しみました。

泉質は中性の「単純硫黄泉」です。肌のメラミン色素を分解する美肌の湯、そして高血圧などの生活習慣病にも効果のある「通称:メタボの湯」です。硫黄泉に入浴すると「温泉に入った~!」という感じが強いですよね。3歳(先日4歳になりました)の娘も大喜び、子どもにも受けが良い温泉です。好きだな~

f:id:Kazdorado:20170823154801j:plain

脱衣室は野性的かつモダンな空間で浴室と一体です。

f:id:Kazdorado:20170823155049j:plain

敷地に沿って川が流れています。

f:id:Kazdorado:20170823154453j:plain

受付棟は宿泊施設の様な空間です。ドライヤーはこの建物に用意されています。

 

もし別府を訪れたなら、真っ先に紹介したい温泉のひとつです。以前紹介した「明礬温泉 湯の里」と同じように、「色・香り・ロケーション」の三拍子が揃っており、五感をフルに使って楽しめます。さらに露天風呂の貸切風呂です。

kazdorado.hatenadiary.com

 

 

概要

施設名:夢幻の里 春夏秋冬

泉質:単純硫黄泉(硫化水素型)

pH値:6.28

メタケイ酸:85.1mg

 

▽泉質はこちら 

kazdorado.hatenadiary.com

 

▽公式HPはこちら

mugen-no-sato.com

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

2017.08入浴