下山後の温泉

大分県在住、登山が趣味の温泉ソムリエが、「おんせん県おおいた」の立ち寄り湯を巡ります。

夜でも賑わう別府の共同風呂

写真撮影が不可だったなど様々な要因のため、入浴しましたが記事にできていない温泉を纏めて簡単にご紹介します。

f:id:Kazdorado:20170830202345j:plain

ちなみに撮影不可だった原因のひとつに私の利用時間があります。今回ご紹介する温泉は、少し仕事が早く終わったので帰り立ち寄った温泉です。私の決め事の一つに「浴室・脱衣室に私以外の利用者がいる場合は、カメラとスマホの操作は行わない」があります。逆の立場ならどうなの?って話です。地元住民の方が必ず途切れることがない時間帯だった為、私の個人的なブログに載せる為だけの撮影は遠慮した次第です。また夜はカメラの設定やら写真撮るのも大変ですから。

今回ご紹介する温泉の共通点は、「22時以降の営業」「駐車場完備」となります。よって個人的にとても利用しやすい施設でした。どれもオススメの温泉でしたので、「夜だけど別府の温泉を楽しみたい!」というシチュエーションになったときの参考にして頂けると、私も嬉しいです。

 

【浜脇温泉】松原温泉

夜23時までの営業、駐車場は3台あります。浜脇温泉エリアに分類されていますが、同じ永石通り沿いの「永石温泉」や、その周囲の「紙屋温泉」「末広温泉」は別府温泉エリアに分類されています。湯はあつ湯とぬる湯に分かれていますが、どちらの浴槽も心地良く入浴できました。

 

【浜脇温泉】浜脇温泉

深夜1時までの営業。駐車場は沢山あります。別府温泉郷発祥の地、その総本山の「浜脇温泉」は市営温泉でありながら深夜1時まで営業しています。浜脇エリアは住宅地が広がっていますので、観光の要素よりも生活を重視しているのかもしれません。大きくて広々とした浴槽です。少し熱めですが、私は適温でした。

 

【浜脇温泉】日の出温泉

夜0時までの営業。駐車場は10台程あり、国道に面している為寄り付きやすい温泉です。料金を支払い階段を下りて入浴、、、熱い!!浴槽はあつ湯とぬる湯に区切られていますが、ぬる湯の部分が既に「あつ湯」、あつ湯部分は「激あつ湯」となっていました。地元の方も流石に加水していました。

 

別府温泉】九日天温泉

夜23時までの営業。駐車場は7~9台程あり。駐車スペースが広々しており、利用しやすい施設です。あっつい温泉ですが、慣れるとそれが心地良く感じてきます。癖もなく優しい温泉で、それがまた癖になりそうです。

 

【観海寺温泉】向原温泉

市役所の前の大通りを真っすぐ山へ向かいます。夜23時までの営業、駐車場は2~3台あります。タイル張りが眩しくて美しい温泉です。入室するとふわっと感じる温泉の香りがGood!湯も滑らかで、「毎日でも利用したい」と感じるような温泉です。

 

以前記事にしたことがある温泉ですが、下記も該当します。

kazdorado.hatenadiary.com 

kazdorado.hatenadiary.com

kazdorado.hatenadiary.com

kazdorado.hatenadiary.com

 

「ひょうたん温泉」「夢たまて筥」は立ち寄り湯施設ですので、共同風呂とは若干違いますが、深夜まで利用することができます。 

夜に共同風呂を利用する上での注意点としては、「この時間帯は地元の方が多い」ということです。私たちは「皆様の日常の温泉を使わせてもらっている」という気持ちを忘れずに利用することが大切です。また脱衣室や浴室に入室するときは「こんばんは」、退室するときは「失礼します」または「お疲れ様です」など、声をかけるのがお互い気持ち良く利用する為のポイントです。私の場合は、それ以外の会話は特にありませんが、声をかけられれば楽しく会話しています。

 

共同浴場はアメニティも持参する必要がありますので、忘れないようにしましょう。別府は小道が多いです。自動車で行かれる際は運転にもご注意下さい。特に夜は真っ暗で、視界も悪いです。一旦停止は必ず止まりましょう。結構警察が見ています。

さて、そろそろ別府八湯温泉道も終盤です。近いうちにラストスパートをかけようと思います。こうご期待!

 

おわり

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ