下山後の温泉

大分県在住、登山が趣味の温泉ソムリエが、「おんせん県おおいた」の立ち寄り湯を巡ります。

【別府市】堀田温泉 白糸の滝温泉~巨岩と滝!ワンダフルな貸切風呂

とある土砂降りの日曜日、別府市堀田温泉にある「白糸の滝温泉」を利用しました。休みの度に雨が降っていますね。せっかくの紅葉シーズンが山へ行けずに悶々としています。そういう時は、いつも通り温泉です。

日本最大規模の温泉郷である別府市は、八つの温泉地がある為「別府八湯」などと呼ばれることがあります。その中の一つ、「堀田温泉(ほりたおんせん)」と呼ばれる温泉地は別府市でも2番目に標高が高い温泉地です。昔は由布院や日田などへ通じる交通の要だった場所で、江戸時代以降に温泉地として栄えた歴史を持っています。現在は付近に大分自動車道の別府ICがあり、別府に到着してすぐの入浴、または別府を出発する前に最後の入浴としても利用しやすいでしょう。

白糸の滝温泉への道順は、整備された県道から有名な温泉施設「堀田温泉(市営)」方面へ進み、道なりに直進すると到着します。交通の便は良いですが、別府市の主要道路からさらに奥に進んだ場所にある為、人も自動車の往来も少ない静かな環境です。しかし、付近にはこの施設の名称にも使用されている滝「白糸の滝」があり、周囲に轟音を響かせています。

f:id:Kazdorado:20171027180218j:plain

別府市内、それも住宅の裏側に滝があるという異様な光景に、可笑しさを感じずにはいられません。道路から眺めても、結構な落差があることが確認できます。滝まで歩いて見学に行くことも可能ですが、雨の為自重しました。(写真ではわかり辛いですが、住宅の奥に滝があります(白いもの)。土砂降りの雨だった為、納得のいく写真が撮れませんでした。ご了承ください。)

f:id:Kazdorado:20171027180033j:plain

この周囲は硫化水素の香りが充満しており、いかにも温泉地っという感じがして良いですね~。自動車は敷地内の屋根が設けられている部分に駐車可能です。雨が降る日は、濡れることなく直接浴室スペースへ行けますので、大変助かりました。浴室と自動車までの距離が近い為、子どもの湯冷めの心配も最小限で済みます。高齢者や足を患っている方も利用しやすいと思います。

料金は基本的に前払いとなります。浴室は3室用意されていますが、どれも50分1,000円で利用できます。

f:id:Kazdorado:20171027180625j:plain

浴槽は1つの大きな岩をくり抜かれたシンプルなものです。重量は約4~5トンもあるとのこと。浴槽の大きさは、大人1人が浴槽の縁に頭を乗せて大の字になって浸かるのに程よい大きさです。大人2人+子ども1~2人で入浴しても全く狭いとは感じません。浴室からは、別府市を一望することができます。晴れている場合は真っ青な海も、その先の四国まで眺めることができると思いますが、残念ながら土砂降りの雨はなかなか止みそうにありません。

f:id:Kazdorado:20171027180841j:plain

泉質は「単純硫黄温泉(硫化水素型)」です。色は透明ですが、浴槽内は大粒の湯の花が乱舞しています。湯口の温泉を口に含むと軽い苦味の後に、鼻に抜ける硫化水素の香りが何とも心地良く感じます。

源泉温度は高温なので、そのまま入浴することはまず困難です。よって加水措置を行いますが、水は白糸の滝付近の湧水を使っている為。大変柔らかくて心地の良い温泉でした。

温泉の風味が美味しく詰め込まれた絶品のたまごも販売されています。入浴前に予め注文しておくと、入浴後に待つことなく食べることができます。

 

晴れた日にまた寄りたいですね~!あぁ、良い温泉でした。

 

<概要>

名称:白糸の滝温泉

住所:〒874-0831 大分県別府市堀田157

泉質:単純硫黄泉(硫化水素型)

pH値:5.7

メタケイ酸:72.7mg

 

今週末も台風接近で雨模様です。この時期に台風など、今まであったでしょうか!?山は難しそうですが、雨が降っても降らなくても、私は温泉に行くことでしょう。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

2017.10入浴